診察のご予約
お問い合わせ
0120-4618-50
診療時間 9:00~13:00月・火・木・金・土 14:30~18:30月・火・木・金・土
休診日 水曜日、日曜日、祝日

矯正治療

インターネット初診予約
インターネット問診票
当院の感染症対策について
  • 現在のご予約空き状況
  • 本日の空き状況はお電話にてお問い合わせください。

あなたのタイプに合う治療法を探そう

矯正治療
歯列矯正治療を検討中の方から、よく「自分にはどのような治療法が合っているのか」という質問をお聞きします。どれがいいかを選ぶ以前に、歯列矯正にはどのような方法があり、それぞれのメリット、デメリットは何か?がぼんやりしているためだと思います。

今回は代表的な2種類の治療法をご紹介します。治療法それぞれの特徴や、費用の目安についてもご紹介しますので、矯正治療をご検討中の方の参考になれば幸いです。

1.代表的な4つの矯正治療法について

1)ブラケット矯正

矯正治療と聞いてまず思い浮かぶのは、ブラケット矯正かと思います。歯の表面もしくは裏面にブラケットとよばれる矯正器具を装着し、そこにワイヤーを通し、少しずつ歯を動かす治療法です。
(1)表側矯正
矯正治療
一番古くから行われている歯の表側にワイヤーとブラケットを装着する治療法です。金属のワイヤー、ブラケットが目立つことが気になる方は、白いワイヤー、白もしくは透明のブラケットなど目立ちにくい装置を用いることで、口元が目立ちにくくなります。矯正治療のなかでは比較的費用が抑えられる方法です。
(2)裏側矯正
矯正治療
歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着する矯正治療法です。歯の裏側に装置を装着するので、矯正していることが分かりにくく、大きくお口を開けない限り装置が見えないので、人前に立つ機会が多い方など、審美面を重視したい方に適していますが、高度な技術が必要です。また慣れるまで発音がしにくく、歯磨きがしにくいなどのデメリットがあります。
上顎は目立つために裏側矯正で、そして下顎は比較的目立たないので表側に装置を付ける「ハーフリンガル」という治療法もあります。すべて裏側に装着する方法と比べて費用を抑えられ、表側矯正と裏側矯正の間くらいになります。

2)マウスピース矯正

矯正治療
マウスピースで歯列矯正する治療法です。薄くて透明で目立たず、取り外しができ、歯磨きもできる治療法です。歯の動きに合わせて定期的にマウスピースを交換しながら歯を動かします。食事や歯磨き以外の時間はマウスピースの装着が必要であること、そして歯の動かす距離が大きい場合には使えない場合があります。

2.治療費について

矯正治療は噛み合わせよりも見た目の改善を主目的と認識されているため、健康保険(公的医療保険)が適用されません。自由診療となるため、高額な治療費が必要であることは覚悟しておかなければならないでしょう。

1)クレジットカード払いやデンタルローンの利用

一括払いの負担が大きい場合は、クレジットカード、銀行や金融機関が扱っているデンタルローンを活用することもあります。支払いのタイミングや支払い方法もいくつか種類がありますので当院にてご要望をお教えください。
分割払いをする場合、月々の支払い金額を抑えられますが、利息の支払いがあることを注意しましょう。矯正治療を始める前にしっかり説明を受け、かかるであろう費用の総額の見積書を出し、治療費をご確認していただきます。

2)医療費控除

医療費が年間である条件の金額を超えた場合に確定申告をすると超過分が戻ってくる制度が医療費控除です。歯列矯正治療も医療費控除が適用できる場合があります。ただし所得によって金額の条件が異なりますので、詳しくは「医療費控除」で検索し、最新の情報で確認してください。

3.まずは歯科医院でカウンセリングにて相談を

矯正治療
歯列矯正治療の治療法や矯正装置は様々で、歯並びの状態、生活環境、治療にかけられる期間と費用により、患者さんそれぞれに適した治療法が異なります。ここで紹介した治療法の特徴やメリット・デメリットを比較してじっくり考えてください。
また、事前にカウンセリングを行うので患者様が希望する治療ポイントについてご相談してください。たとえば、矯正装置が目立たない方がいいのか、取り外しができる物を希望するのか、短い期間で治したい、費用を安くおさえたい、などなど。
その中で自分の納得する答えが出れば、1歩前進です。より良い口腔内環境を目指していきまそう。

矯正料金表

全顎矯正治療

 

表をクリックすると拡大します

全顎矯正治療  

小児矯正

 

表をクリックすると拡大します

小児矯正  

全顎矯正治療

 

表をクリックすると拡大します

全顎矯正治療  

部分矯正

 

表をクリックすると拡大します

部分矯正