診察のご予約
お問い合わせ
0120-4618-50
診療時間  9:00~13:00 (最終受付12:00)月・火・木・金・土 14:30~18:30 (最終受付17:30)月・火・木・金・土
休診日 水曜日、日曜日、祝日

インプラント治療

インターネット初診予約
インターネット問診票
当院の感染症対策について
当院の院長は、日本口腔外科学会認定医として大学病院で多くの症例を経験してきました。豊富な経験と技術に加え、治療の安全性を高めるために、充実した設備を備えています。

日本口腔外科学会認定医による、インプラント治療

日本口腔外科学会認定医による、インプラント治療
インプラント治療を行うには、口腔外科に関する専門的な知識が必要です。当院の院長は日本口腔外科学会認定医の資格をもち、大学病院で数多くのインプラント治療を行ってきました。その経験と確かな技術・知識をもとに、よく噛めるお口を取り戻してもらうためのインプラント治療を行います。

歯を失った場合、インプラント以外にも治療の選択肢はありますが、それぞれのデメリットを考慮した上で、当院ではインプラントをおすすめしています。

また、院長は過去に口腔インプラント学会をはじめ、各種学会にて歯科医師を対象に発表を行って参りました。
以下に、その概要を掲載致します。
インプラント以外の選択肢
ブリッジ
土台となる歯を大きく削らなくてはなりません。また失った歯の本数にもよりますが、例えば歯2本の土台で、3本分の歯を支えるため、過重負担となり、将来歯がグラグラ動いてくる可能性もあります。
部分入れ歯
金属のフックで入れ歯を支えるため、残った歯に本来かかるはずのない過度の負担がかかります。10年後にフックのかかる歯の生存率は、50%程度です。
総入れ歯
適合が良く、よく噛める入れ歯を作るのはなかなか難しいものです。硬いものが食べにくいなど、食事に制限がかかってしまうことも。そのため将来介護が必要となったとき、食事のサポートが難しくなってしまうことがあります。

インプラント治療は、外科手術が必要にはなりますが、周りの歯へ負担を与えることもなく、自分の歯のように何でも噛める状態になります。また、インプラント治療後の10年生存率は、99%といわれており、再治療を行うことはほとんどありません。食事の制限もありません。だから、上記の治療法ではなく、当院ではインプラントをお勧めしているのです。

なお、インプラントの手術時には静脈鎮静法という、うとうとと半分眠ったような状態で、リラックスして手術を受けられる麻酔法をご選択いただけます。

そのほか粘膜の再生、骨造成など各種再生療法を行っているので、あごの骨が足りなくてインプラント治療は不可能と診断された方でも、一度ご相談ください。
インプラント検査料金(保険外治療)
15,000円(税別)

治療の安全性を高めるため、各種設備を充実させています

治療の安全性を高めるため、各種設備を充実させています
インプラント治療は、外科手術をともなう治療です。より安全性を高めるために、当院では下記の設備を整えています。
精密な検査と、負担を軽減する手術用設備
インプラントを埋めるあごの骨の中には、重要な神経や血管が通っています。もし、手術中に誤ってその神経や血管を傷つけると重大な事故につながることも。
そのためインプラント治療では、普通の歯科治療に比べて綿密な検査が必要です。

そこで当院では、歯科用CTを完備。CT画像から、あごの骨の厚みや高さ、神経の位置を3次元で把握し、精密な診断を行います。この術前の診査・診断結果から、コンピューターによるシミュレーションを行い、手術用のガイドも作製します。ガイドに沿って処置を進めるため、より安全な手術を行うことができるのです。

また、手術の際は電気メスを使用します。電気メスは一般的なメスと違い、止血をしながら切ることが可能。このため、出血を抑えられます。痛みや術後の腫れも少ないため、お体への負担も軽減されます。
万が一の場合に備えた対策
手術中は、患者さまの顔色等の見た目だけでは、お体の状況を管理できないことがあります。そのため、当院では心拍数や体温、血圧、酸素飽和度、心電図を常に測定・記録できる生体モニターを導入。インプラント治療中に何か異変が起こった際も、迅速に対処ができるようにしています。また、万一のために診療台の近くにAEDも完備。

手術中の重大な事故を防ぎ、より安全に、お体への負担が少ない治療ができるよう、各種の設備を取り揃えています。
インプラント治療をより詳しく知りたい方へ
当院では、できる限り、分かりやすい説明を心がけております。そのため、院長主演の漫画を用意しております。閲覧希望の方は、こちらのリンクをクリックして下さい。

インプラント治療の流れ

口腔内の状態は患者様それぞれちがいます。むし歯になりやすい方,歯周病になりやすい方,歯ぎしりする癖のある方などさまざまです。お口の状態は治療後のインプラントのもち具合などにも影響するためあらかじめしっかりと検査する必要があります。
インプラント治療では,インプラントと顎の骨が結合することにより,しっかりと噛むことができます。そのためには,顎の骨に十分高さや厚み,量があることが必要なので,顎の骨の形状を正確に知るためにCT撮影を行ないます。
検査
当院ではより精密な手術の実現のためにCTレントゲン検査をいたします。この情報を元に3Dで3次元画像構築を行い、立体的にインプラント埋入手術のシミュレーション説明を行います。
患者様のご要望(ご予算・治療期間・最終的なゴールの設定)をお伺いしながら、目指すべき咬み合せや治療後のメンテナンスについて総合的に判断し、埋入すべき部位と本数、付随する手術、治療期間の計画についてお話いたします。
治療計画の説明
術前シミュレーションに基づき、インプラントの埋入を行います。手術は通常の抜歯で用いる程度の麻酔量で可能です。当院では、術中の血圧などの変動を察知するために、血圧・血中酸素濃度や心電図をモニタリングしながら安全に処置をおこないます。
手術に対して強い不安を抱かれる方などは静脈内鎮静法を併用することをお勧めしております。
静脈内鎮静法について詳しく知りたい方はこちら
手術
インプラントは骨にあるフィクスチャーと口腔内の土台となるアバットメントがあり、さらに被せ物という三層構造となります。 咬合状態によって、金属の種類を選択することになります。
人工の歯を装着
適正なメンテナンスを怠るとインプラント治療をすると、治療した部分の周りが炎症を起こし、痛みがでることがあります。
これは、「インプラント周囲炎」と呼ばれています。
インプラント治療後にメンテナンスをおそろかにすると、痛みをひきおこし、やがてインプラント自体がダメになってしまいます。
ですから、定期的に健診に通い、状態をチェックしておく事が大切です。
メインテナンス

ご予約はこちらから

ご予約はこちらから

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0120-4618-50
06-6827-4618

診療時間

           
午前
9:00~13:00
午後
14:30~18:30

休診日:水曜日、日曜日、祝日

スタッフ募集中