診察のご予約
お問い合わせ
0120-4618-50
診療時間 月・火:9:00~13:00/14:30~18:30 木~土:9:00~17:00(昼休みなし)
休診日 水曜日、日曜日、祝日

歯の豆知識

インターネット初診予約
インターネット問診票
当院の感染症対策について

インプラント治療の痛みはどれくらい?痛みや腫れの抑え方

大阪府摂津市 さきがけ歯科クリニック摂津本院
歯科医師 院長 山本 一博です。

インプラント治療を検討している方の中には、「治療中や治療後の痛みはどれくらいなのか?」、「痛みや腫れを抑える方法はあるのか?」と不安に思っている方も多いでしょう。このブログでは、インプラント治療に関する痛みの実態と、その軽減方法について詳しく解説します。

目次

1. インプラント治療とは?
2. インプラント治療の痛みについて
3. 痛みや腫れの原因
4. 痛みや腫れを抑える方法
5. まとめ

1. インプラント治療とは?

インプラント治療は、失った歯を補うための一つの方法で、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療です。自然な見た目と機能を回復できることから、多くの方がこの治療方法を選択しています。しかし、治療には顎の骨に穴を開け、インプラント体を埋め込む手術が伴うため、治療に対する痛みや腫れを心配する声も少なくありません。

2. インプラント治療の痛みについて

インプラント治療の痛みは、手術時と手術後に分けて考えることができます。治療時には、局所麻酔を用いるため、手術中の痛みはほとんど感じません。手術後に一時的に感じる痛みや腫れについては、人によって差がありますが、多くの場合、日常生活に大きな支障をきたすほどのものではありません。しかし、手術の規模や体質、そして術後のケアによって痛みや腫れの度合いは大きく変わる可能性があります。

 3. 痛みや腫れの原因

インプラント治療後の痛みや腫れは主に、手術による組織の損傷や炎症によるものです。インプラントを埋め込む過程で、顎の骨を削ったり、穴を開けることが必要になり、これが痛みや腫れの主な原因となります。また、術後の傷口が感染すると、痛みや腫れが悪化することがあるため、清潔に保つことが重要です。

4. 痛みや腫れを抑える方法

インプラント治療後の痛みや腫れを抑えるためには、適切なアフターケアが非常に重要です。手術後は、医師の指示に従って適切な鎮痛剤を使用することが推奨されます。また、手術後数日間は冷却パックを使用して腫れを抑えることが効果的です。口内の衛生管理も重要であり、医師が推奨する口内清掃方法を実施し、感染リスクを最小限に抑えることが大切です。適切なアフターケアと生活習慣の管理によって、痛みや腫れは大きく軽減できます。

 5. まとめ

インプラント治療は、痛みや腫れが不安要素の一つですが、手術中は局所麻酔により痛みを感じることはほとんどなく、手術後の痛みや腫れも適切なケアを行うことで管理が可能です。インプラント治療を検討する際は、治療プロセス、期間、費用についても詳しく相談し、納得のいく治療を受けることが大切です。痛みや腫れを心配せず、安心して美しい笑顔を取り戻しましょう。


ご予約はこちらから

ご予約はこちらから

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0120-4618-50
06-6827-4618

患者様専用業者様はお電話なさらないようにお願いします。

診療時間

           
午前
9:00~13:00
午後
14:30~18:30
9:00~17:00
(昼休みなし)

休診日:水曜日、日曜日、祝日

スタッフ募集中

スタッフ募集中

当院では一緒に成長しあえるメンバーを募集しています!

0120-4618-50
06-6827-4618

患者様専用業者様はお電話なさらないようにお願いします。